クラミジア感染症を見逃さないポイント

0-75

クラミジアの菌量が多いものでは、多くの場合は、帯下増量感、不正性器出血、
下腹部痛、性交痛、内診痛などのいずれかが存在しています。
そしてまれに急性腹症のように激烈な下腹部痛を伴うケースもあるので、
激烈な下腹部痛がある場合は他の急性腹症や他の細菌性感染との鑑別が重要となります。

しかしながら女性性器のクラミジア感染の半数以上は、まったく症状を感じない
ともいわれていますので、婦人科などの専門医での受診の際は帯下、とりわけ子宮頚管からの
分泌物の量や性状に留意し、内診時の痛みなども含めて、問診などでリスクがあると考えられた
場合には、クラミジア感染症の可能性があるので積極的に検査を受けることが最も重要です。

関連記事はコチラ: