治癒判定

0-55

原則的には投薬開始2週間後以降に検査を実施して、陰性になっているかどうかを確認します。

もし投薬終了後3週間以内に検査を実施する場合は、クラミジアの死菌を検出して偽陽性を
示す可能性があることを理解しておく必要があります。

関連記事はコチラ: